• 残りわずか
商品コード: 114

特集第114号 Laboratory Automationの軌跡と21世紀への新しい展開

販売価格(税込): 4,104

関連カテゴリ

臨床病理レビュー > 108~120号

序  文
     菅野 剛史(浜松医大 副学長)
第 1 章 Laboratory Automation の 20 世紀の軌跡
 1. 黎明期-手作りの検査システム
     川越  功(静岡県予防医学協会)
 2. 黎明期-アナログ信号との取り組み
     大森 昭三(東京文化医学技術専門学校)
 3. 秋田大学病院における自動化システムの展開
     藤田 美好(秋田大学病院中央検査部)
 4. 検査システム DB の研究活用
     菅野 剛史(浜松医大 副学長)
 5. 検査システムの知的展開
     只野寿太郎(佐賀医科大学臨床検査医学)
 6. 血球計測の展開
     岡田 德弘(シスメックス 中央研究所)
 7. 21 世紀への橋渡し
     佐々木匡秀(山口県赤十字血液センター)
第 2 章 Laboratory Automation の標準化
 1. 自動化の標準化への胎動
    田尾 龍治(日立製作所 計測器グループ)
 2. 臨床検査自動化システムの通信規格
    片岡 浩巳(高知医科大学病院検査部)


 3. 標識の規格化
     中野 幸弘(宝塚市立病院中央検査部)
 4. 自動化システムの監視
     田尾 龍治(日立製作所 計測器グループ)
第 3 章 21 世紀への展開
 1. 病院検査室における経済効率の追求
   -検体検査の完全自動再検・ランニングコスト管理システム-
    千葉 正志(東京都立豊島病院検査科)
 2. オープン規格のモジュール化 I-なにを目指すのか-
    平野 英明(日本電子 医用機器技術本部)
 3. オープン規格のモジュール化 II
    武藤 正登(アロカ 第 5 技術部)
 4. ネットワーク・コミュニケーション・システムの現状と展開
    矢野  誠(シスメックス)
 5. モジュラーシステムの到達点と今後の展開
    西田 正治(日立製作所計測器グループ)
第 4 章 テレ・マイクロ・サージェリ・システム
 テレ・マイクロ・サージェリ・システム
    光石  衛(東京大 大学院産業機械工学)

Laboratory Automationの軌跡と21世紀への新しい展開 詳細目次
  • 数量

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。