商品コード: 129

特集第129号 流行感染症の脅威:最新情報とその対策-エイズ, 肝炎, ATL, 梅毒・クラミジア,

販売価格(税込): 3,456

関連カテゴリ

臨床病理レビュー > 121~130号

発刊にあたって  吉原なみ子
第 1 章 感染症における問題とその対策  
  1. 21世紀における感染症対策と展望  岡部信彦(国立感染研感染症情報室長)
  2. この性感染症大流行を傍観していて,よいのだろうか?  熊本悦明(性の健康医学財団名誉会頭)
  3. 輸血後感染対策の現状と課題  佐川公矯(久留米大臨床検査部 教授)
  4. 新興・再興感染症の現状と今後  岡本 尚(名古屋市立大生体防御教授)
第 2 章 注目される感染症の最新情報  
  1. 血液感染  
  A. エイズとHIV  
   (1) 世界情勢-エイズ感染の現状  田沼順子, 他(国立国際医療センター)
   (2) HIV治療薬の耐性検査と血中濃度測定  平林義弘, 他(国立国際医療センター)
   (3) エイズ治療の最前線  矢崎博久, 他(国立国際医療センター)
  B. ATL と HTLV-診断と治療-  山口一成(国立感染研血液安全性研究)
  C. 肝炎ウイルス  田中靖人, 他(名古屋市大臨床検査医学)
  D. 梅毒-新大陸発見と梅毒,およびHIVと梅毒の重複感染-  大里和久(大里クリニック)
  2. 呼吸器感染  
  A. SARS の脅威  
   (1) 流行と疫学  重松美加, 他(国立感染研 感染症情報C)
   (2) 病原体の究明と診断  田口文広, 他(国立感染研 ウイルス 3 部)
  B. インフルエンザの脅威  奥野良信(大阪公衆衛生研感染症部長)
  C. 結核の脅威  森  亨(結核研究所 所長)
第 3 章 感染症検査の最新技術  
  1. 免疫血清検査システム PAMIA-40 i-全血測定による迅速検査-  小林正樹, 他(シスメックス)
  2. 「 ポクテム インフルエンザ A/B 」 によるインフルエンザウイルス
   抗原測定技術に関する紹介  一口 毅, 他(シスメックス)

【詳細目次】 流行感染症の脅威:最新情報とその対策-エイズ, 肝炎, ATL, 梅毒・クラミジア,SARS, インフルエンザ, 結核-
  • 数量

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。